スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
過ぎ去りしとき
2010 / 07 / 31 ( Sat )
とても深く重い出来事があり、
言葉にならないまま時間が過ぎている。

私には、若かりし頃の自分史の中で、受け入れがたい時間がある。
そういうと聞こえがいいけれど、
言い換えればどうしようもないロクデナシというだけだ。

誰しもそういう認めたくない自分や、振り返りたくない自分というものを、
心の奥にしまい込み蓋をして、気付かぬふりをして、生活しているのだと思います。
そうでない立派な人も世の中にはたくさんいますけれど‥


痛みにとらわれ自分を見失い自暴自棄になり、
ただただ飲んでは遊びを繰り返し、仕事に行き、、
というなにも考える事ができなかった人生最悪な時代に、
酒を汲み交わし遊び語りあった方が亡くなった。

過ごした時間の破片は小さい。
けれど私の中で、その方と遊んでいた時期の歯車は、
とてつもなく大きすぎて、今、まわすことはとてもできそうにない。
歯車を小さく小さく何個にも分けなければ、、とてもじゃないけどまわせないとわかった。


とても親切で純粋で真面目な方だった。
共に過ごした頃の記憶は、私の中にきちんと存在している。
今までも今もこれからも。
それはきっと、自分にとって、大切な宝な時間でもあるはずなのだ。
その事を、私にそっと教えてくれているような気がしている‥

そういう方だった。

涙がとまらない。

心よりご冥福をお祈りいたします

2010/8/7


最後まで読んでくれてありがとう
19 : 45 : 56 | 日々のこと | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。